アロプリノール通販

アロプリノール

アロプリノールは、国内でも処方される痛風発作と同じ成分をする尿酸生成阻害薬です。
先発薬であるザイロリックよりも安価に購入できるため、痛風治療における費用を削減できます。

商品名 アロプリノール
メーカー Sandoz(サンド)
主成分 アロプリノール
価格 3,590円~

商品を購入する

アロプリノール通販

アロプリノールは、ザイロリックのジェネリック医薬品です。
国内の病院でも沢井製薬がザイロリックのジェネリック医薬品として、アロプリノール錠を販売しています。

実は海外通販でもアロプリノールを購入できるということを知っていますか?
請求されるのは薬代のみで、再診料や尿酸値検査代といった費用はかかりません。

医薬品を取り扱っている海外通販では、処方箋も必要ないため自己判断でアロプリノールを購入できます。

・通院までに移動費がかかる
・待ち時間がもったいない
・検査代が高すぎる

といった悩みを抱えている人は、海外通販でアロプリノールを購入してみましょう。

医薬品の輸入は合法なの?

普通、医薬品は病院でしか購入できませんよね。
アロプリノールも例外ではありません。そのため「海外通販でも買える」と聞くと、少し危険な香りがしませんか?

「本当は違法な行為なのではないか」と思っている人もいるはず。
実は海外通販でアロプリノールを注文するのは、日本の厚生労働省も認可している手法なんです。

そのためアロプリノールのような医薬品を輸入するのは、何も違法ではありません。
ただ薬を譲渡してはいけなかったり、他の人のために買ってはいけなかったりとさまざまな制限はあるのできちんとルールを守って購入するようにしましょう。

通販で薬を買ってきちんと治療を続けよう

痛風や高尿酸血症を患っている人ほど、通院や治療を途中で中止あるいは断念する確率が高いといわれています。
前述したように移動費がかかったり、待ち時間が長かったりするのももちろん理由のひとつです。

しかし「痛みを我慢すればいい」「尿酸値が高いからって死ぬわけじゃない」と思っている
人も大勢いるんです。
そのため、一度通院がめんどうだと感じると時間や手間、治療費を考え始め、病気を治すことに集中できなくなってしまうのです。

痛風や高尿酸値血症は、糖尿病や高血圧、脂肪肝などの生活習慣病も合併しているケースが多いため治療しなくていけません。

通院が難しい人はあきらめずに、海外通販を活用して投薬治療を続けていくことをオススメします。

アロプリノールの価格

アロプリノールは、先発薬であるザイロリックよりも安価に購入できます。
300mg錠のみの販売なので、100~200mgを服用したい人はピルカッターやハサミを用いることも可能です。
錠剤をカットすることで、より高いコストパフォーマンスが実現できます。

価格 1錠当たりの価格
300mg×50錠 3,590円 71円
300mg×100錠 6,470円 64円

※半分にカットすると150mgとして服用できます。

海外通販でのザイロリックよりも安価

アロプリノールは、先発薬であるザイロリックよりも安価に購入できます。
ここでは海外通販で取り扱われているザイロリックの価格と、アロプリノールの価格を比較してみましょう。

価格 1錠当たりの価格
300mg × 100錠 8,540円 85.4円

海外通販のザイロリックは100mgもありますが、今回は比較するために300mgで合わせています。
ザイロリックは100錠入りで8,000円超えですが、アロプリノールは同じ用量で6,000円ほど。
また、300mgはピルカッターで半分にカットして服用することも可能なので、アロプリノールが断然オトクです。

海外通販で治療を始めようとしている人は、アロプリノールの購入を検討してみましょう。

アロプリノールの口コミ

ここではアロプリノールの口コミをチェックしてみましょう。

Sさん/29歳/評価:★★★★★

在宅勤務が増えたせいか、生活環境が悪くなりついに痛風を発症しました。
今はアロプリノールでどうにか発作する回数も少なくなり、生活が楽になっています。痛風なりたての時はザイロリックを買っていたのですが、高いと感じるようになりました。
それからはアロプリノールを服用しています。
錠剤もピルカッターを使えば簡単にカットできるので気に入っています。

痛風おじじさん/51歳/評価:★★★★

痛風といえばザイロリックですが、私は断然ジェネリックのアロプリノール派です。
この薬のおかげで尿酸値もだんだん下がり、今はもう痛風発作もあまり起きなくなりましたよ。
もういい年だし…といろいろ諦めていたんですが、通販の薬でも十分に効いてくれるので安心して利用できています。
☆-1なのは、海外からの購入だからどうしても時間がかかるという点ですな。

痛風発作は薬をつかって治療を続ければ頻繁には起こらなくなるといわれています。
根気強く治療を続けるのが大切ですね。

アロプリノールの効果

効果:痛風発作の予防や高尿酸血症の改善

アロプリノールは、痛風治療薬であるアロプリノールのジェネリック医薬品です。
同じ有効成分を配合しています。
アロプリノールは、ジェネリック医薬品業界におけるトップカンパニーのSandz社が製造しています。

アロプリノールは、尿酸値の生成を抑制して尿酸が結晶化するのを予防します。

尿酸はプリン体が体内で代謝される際に生成されます。
干物やだしの素に多く含まれるプリン体を積極的に摂取すると、体内で代謝されて尿酸が増えていきます。
血液中に代謝された尿酸がたまると、尿酸塩結晶という固まりができ関節に滞留します。
結晶は身体にとって不要なものなので、白血球による免疫機能が働き結晶を攻撃。
その際に発症するのが痛風発作なのです。
アロプリノールは、発作の原因となる尿酸の生成を抑えます。尿酸の生成を抑制すると尿酸が結晶化することも少なくなり、痛風発作の予防が可能となります。

アロプリノールの飲み方

200~300mgを1日2~3回に分けて服用します

アロプリノールは年齢や症状によって適宜増減可能となっています。
服用初期は尿酸値の移動に伴い、痛風発作を引き起こす場合があります。治療し始めの1週間は100mgからの服用が推奨されています。
また、投薬中に痛風発作の症状が酷くなってしまった時にはコルヒチンやインドメタシンと併用しても構いません。

アロプリノールの副作用

副作用は以下の通りです。

【副作用】
皮膚症状や貧血、腎機能障害、胃腸症状、むくみ、倦怠感、軟便、下痢などがあります。
頻度不明な副作用は、口内炎や脱力感、味覚障害、末梢神経障害です。

副作用が治まらない場合は、薬を持って医療機関へとかかってください。

アロプリノールの禁忌

アロプリノールの禁忌事項は以下の通りです。

【併用禁忌薬】
併用禁忌薬はビダラビン、クロルプロパミド、シクロスポリン、フェニトイン、ジダノシン、ペントスタチン、カプトプリル、ヒドロクロロチアジドです。

他にも日常的に薬を服用している、あるいは他の痛風薬を使用している人はアロプリノールを服用する前にかかりつけ医と相談してください。

【服用できない人】
配合成分に対して過敏症の既往歴がある、妊婦・産婦・授乳婦、高齢者は服用してはいけません。