グルコバイ通販

グルコバイ

グルコバイは国内でも処方される、血糖値上昇を抑制する薬と同じ成分を配合しています。
ドイツの有名な製薬会社であるバイエル社が開発をしており、炭水化物の吸収を抑制して結腸血の上昇を予防します。
糖尿病の治療に用いられています。

商品名 グルコバイ
メーカー バイエル
主成分 アルカボース
価格 2,690円~

商品を購入する

グルコバイの通販

グルコバイは糖尿病よる過血糖を抑制するお薬で、先発薬にあたります。
医薬品の海外通販と聞くと、ジェネリックが豊富というイメージを持っている人もいるかと思いますが、実はグルコバイのような先発薬も販売しています。
国内処方されるグルコバイと同じ成分・アルカボースを配合しているため、同じような効果が望めます。

グルコバイは糖尿病患者であれば保険適用となる薬です。
ではなぜわざわざ海外通販でグルコバイを買う必要があるのでしょうか?

実は、糖尿病患者の約4割が「治療を途中でやめたい」と思っているんです。もちろん治療をストップさせてしまうとそのまま病状は悪化。
最悪の場合、そのまま合併症を引き起こす危険性もあります。

しかし、治療を途中で断念したいと思っている人は「危険性があるのは分かっている」と感じながらも投薬をやめたいと思っているのです。

治療を止めたいと思っている理由として最も多かったといわれているのが、医療費負担です。
糖尿病は一度薬を飲んだからといって完治する病気ではありません。
定期的に薬をもらいに行き、検査を受ける必要があります。

特に車を持っていない人にとって、移動費と時間がかかるため治療を諦めたくなってしまうのです。

そんな人にオススメしたいのが、通販で購入できる海外製のグルコバイ。
自宅にいながらも、ネットで簡単に注文できるため移動費や時間を浪費することなく、注文後は自宅にグルコバイが届くのを待つだけです。

グルコバイを海外通販で買うのは合法?

医薬品を通販で購入するのは合法なのかと疑問に思っている人もいるはず。
実は、外国から薬を輸入する行為は国内の厚生労働省も許可している方法なんです。
自己責任で服用する、重い副作用があっても救済制度は受けられないといった制限はありますが、通院が難しくなっている人にとっては大変便利な手法でもあります。

グルコバイはダイエット目的で買ってはいけない?

グルコバイと検索をするとダイエットという単語が出てきます。
海外通販は、個人が使用する場合のみに限り買ってもいいといわれていますが、使用目的を見誤ってはいけません。

確かにグルコバイは食後の血糖値をコントロールするため、ダイエット目的として処方しているクリニックもあります。
そもそもグルコバイは食事療法や運動を私生活に取り入れても減量できない慢性肥満の人や、糖尿病で血糖値をコントロールできないという人のためのお薬です。

サプリメントのように「痩せたいから飲んでみようかな」という軽い気持ちで購入しないようにしましょう。

グルコバイの価格

グルコバイはまとめ買いをするとお得に購入できます。
病院での検査代を除いて、薬だけでも購入しておきたいという人は270錠入りがおすすめです。

価格 1錠当たりの価格
50mg×90錠 2,690円 29.8円
50mg×180錠 4,850円 26.9円
50mg×270錠 6,470円 23.9円
価格 1錠当たりの価格
100mg×90錠 4,490円 49.8円

グルコバイは、医療機関処方であれば保険適用されます。
しかし、海外通販は自己責任で購入するので保険は適用されません。

上記でも述べたように
「病院へ行く時間がない」「治療を続ける自信がない」「経済的負担がある」
と感じている人は、海外通販でグルコバイを買ってみるのもいいかもしれません。

グルコバイの口コミ

グルコバイの口コミをチェックしていきましょう。

グルコバイで治療中さん/41歳/評価:★★★★★

糖尿病になってからは食事療法と運動の取り入れを徹底しています。
最初はショックでやけくそになっていたのですが、孫が生まれてまだまだ成長を見たいので治療をがんばることにしました。
通院が難しくなったので、ネットでグルコバイを購入しています。
最初はおならが多くなり恥ずかしかったんですが、血糖値も安定しているようなので不満はありませんね。

サーキットさん/50歳/評価:★★★★★

糖尿病のせいで美味しいものを食べれませんが、心筋梗塞でぽっくり死んでしまうよりはマシかなと思っております。
グルコバイを買うまでは通院していましたが、車を持てなくなったので通販に頼っています。電車も多くない地域に住んでいるので、通販は助かりますね。

やはり、グルコバイを通販で購入している人は通院が難しくなっている人もいるようです。
同じ状況にあり、治療を断念しようとしている人は海外通販のグルコバイ購入を検討してみましょう。

グルコバイの効果

効果:食後の血糖値上昇を改善します

グルコバイは、α-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害して腸で行われる糖の消化吸収を遅らせます。
糖尿病に対しては合併症の進行を抑える薬として用いられています。

血糖値はブドウ糖が血管に吸収されて上昇します。食後に過血糖となると合併症である心筋梗塞や、脳卒中を誘発する原因となります。
食物が体内に入ると分解されてショ糖になった後、α-グルコシダーゼという酵素の働きでさらにブドウ糖へと変化します。
ブドウ糖になると血管へ吸収され、血糖値が上昇します。
グルコバイは、ブドウ糖を生成するα-グルコシダーゼの働きを抑制して、血液中に糖が入り込むのを遅らせます。
糖の吸収が緩やかになると、血糖値も急激に上昇しなくて済むのです。
グルコバイはこのような働きから、α-グルコシダーゼ阻害薬とも呼ばれています。

※グルコバイは食事や運動の改善、インスリン投与・血糖降下薬を使用しても効果が得られなかった場合のみに服用できます。

グルコバイの飲み方

1回100mgを1日3回、食前に服用します

水またはぬるま湯で服用しましょう。
初期投与の際は、50mgから服薬を開始してください。年齢や症状によって適宜増減できます。
食後の血糖値上昇を抑制する作用があるので、食前に服用するのを忘れないでください。

グルコバイの副作用

グルコバイの副作用は以下の通りです。

【副作用】
グルコバイの副作用は、軟便、おなかの張り・鼓腸、放屁増加、頭痛、めまい、頭重感、しびれ感などがあります。
消化器系の副作用は一時的な場合が大半ですが、耐えられない場合はすぐに使用を中止してください。

重篤な副作用として、低血糖や腸閉塞、肝機能障害、黄疸があります。

グルコバイの禁忌

グルコバイの禁忌事項は以下の通りです。

【併用注意薬】
スルホニルウレア系薬剤、ビグアナイド系薬剤、インスリン製剤、速効型食後血糖降下剤、β遮断剤、アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、ラクツロース、ジアスターゼなど。
【服用できない人】
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡や前昏睡患者、重症感染症、手術前後、重い外傷がある、アカルボースに対して過敏症の既往歴がある、妊婦・産婦・授乳婦など。

すでに糖尿病薬を服用している人は、必ずかかりつけ医と相談をしましょう。