ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|通販

ヒドロクロロチアジドジェネリック

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、尿の排出量を増やし血圧を下げる治療薬です。
高まった血圧やむくみを改善する働きがあり、主に高血圧症の治療に用いられます。
血圧を保つことで、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防対策にも繋がります。

高血圧で投薬中の人は、月に1回病院へ行き処方薬を購入しなければなりません。
しかしタイミングが合わず病院に行く時間がない人や、近くに病院がない場所に住んでいる人も多いと思います。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、通販で購入できる医薬品。
注文すると家に薬を届けてくれるので、楽に高血圧治療を続ける事ができます。

商品名 ヒドロクロロチアジド・ジェネリック
メーカー シプラ
主成分 ヒドロクロロチアジド
価格 12.5mg×100錠 1,790円

商品を購入する

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|通販

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、インドの製薬会社・シプラ社が製造販売しています。
海外製の医薬品のため、国内で購入できない治療薬です。
国内の病院でも処方されておらず、手に入れるには海外から個人輸入しなくてはなりません。

海外製の医薬品を個人輸入することは、日本の法律で認められています。
個人輸入する方法は大きく2つ。
1.現地で直接購入する
医薬品を販売している国へ行き、現地で購入し日本へ持ち帰る方法です。
2.海外通販で探して購入する
求めている医薬品が販売されている海外サイトを調べて、購入する方法です。
上記2つのどちらかで海外製医薬品を購入できます。

外国語が得意な人なら簡単に購入できるでしょう。
しかし、外国語が苦手な方には難しい方法です。
翻訳しながら医薬品を購入するのは、時間がかかってしまいます。
医薬品を購入するために海外に行くのは、コスパが悪いのでオススメはできません。

最近では個人輸入代行サイトといって、医薬品の個人輸入を代行してくれるサイトがあります。

サイト内は日本語で作られており、日本の大手通販サイト・アマゾンや楽天などと購入方法はほぼ一緒です。
商品を注文して届くのを待つだけで、海外製医薬品の個人輸入ができます。

安全な個人輸入代行サイトの選び方

個人輸入代行サイトは、簡単に海外製医薬品を個人輸入できる便利なサイトです。
しかし中には悪質な手口で詐欺行為を行なうサイトも存在します。
偽物の商品を送りつけたり、商品が送られてこなかったりと詐欺行為に遭うかもしれません。
詐欺にあわないためにも、安全なサイトの特徴を紹介します。

1.第三者機関による成分の鑑定書がある

成分鑑定は、製薬会社やサイト運営者ではなく第三者機関が行ないます。
薬に含まれている成分が本物であるか、正規品と同じ成分で作られているかを第三者機関が鑑定。
成分鑑定書がある薬は、本物の成分で正規品と同じという証明になります。
商品ページに成分鑑定書があるのか確認して、商品を購入しましょう。

2.特定商取引にもとづくページがある

特定商取引法は、消費者が安全に商品を通販できるように法で定められたルールです。
サイト内に運営者の氏名、運営会社、所在地、連絡先を記載することが決められています。
この記載がないサイトは、違法なのです。
商品を購入する前に、運営者の情報や連絡先が記載されているか確認しましょう。

3.URLにhttps://がある

サイトのURLがhttp://ではなく、sが付いているhttps://であるサイトを選びましょう。
ユーザーの個人情報が流出しないように、セキュリティー機能が搭載されています。
運営側がお金をかけて守っている証拠です。
https://ではないサイトはセキュリティーがしっかりしていないサイト。
個人情報の流出を防ぐためにも、https://が表記されるサイトで購入しましょう。

4.クレジット決済ができる

サイトを見つけたら決済情報を見てみましょう。
クレジット決済ができるサイトは、カード会社から信頼されているサイトです。

カード会社の加盟店になるには、厳しい審査が必要です。
その審査を通ったサイトは、信頼できるサイトといえます。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを安全に個人輸入するには、サイト選びが重要です。
上記3つのポイントをチェックして、安全に海外製医薬品を個人輸入しましょう。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|価格

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、約3ヵ月分で1,790円です。
1錠当たり17.9円で購入できます。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック 価格 1錠あたり
12.5mg×100錠 1,790円 17.9円

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|口コミ

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの口コミを見てみましょう。

ブラウン管の向こう側さん/52歳/評価:★★★★★
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックで高血圧気味だったのが、正常値まで改善されました。
塩分の少ない食事を心がけたり、運動を始めてたりしましたが微々たる効果でした。
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを服用し始めると、みるみる血圧が低下。
正常値になったことで、何だか体調もよくなりました。
高血圧が改善され、自分の身体が健康になったと思うと嬉しい限りです。

高血圧をほおっておくと、動脈硬化が進み心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
重い高血圧にならないように、早期の治療が推奨されています。

ミコ/35歳/評価:★★★
むくみ改善のために購入しました。
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを飲むと、むくみがスッキリ改善されます。
薬剤でむくみが起きてしまうのですが、むくみをしっかり改善してくれるのでスッキリ過ごせます。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、体の余分な水分を尿として体外へ排出してくれます。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|効果

有効成分:ヒドロクロロチアジド
効果・効能:体内にたまった余分な水分を排泄して、血圧やむくみを改善します

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、利尿作用を利用して高血圧やむくみを改善する薬です。

身体がむくむ原因のひとつとして、体内の過剰な水分があげられます。血液の中にも水分が含まれていて、体内の水分量が増えると血圧が悪化し上昇します。
腎臓にある尿細管では、尿から血管へとナトリウムイオンの吸収が行われていて、ナトリウムイオンは水と一緒に移動します。
そこでナトリウムの再吸収を抑制すると、水分の再吸収も抑えられます。その結果、尿としてナトリウムイオンや水分が排泄されるのです。
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、ナトリウムイオンと水分の再吸収を抑制する作用があります。
尿として水分を排泄して体内の水分量を減らす作用をもたらし、むくみや血圧上昇を改善します。
血圧やむくみを改善するには水分とナトリウムイオンを排泄する必要があり、ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは排泄のサポートをするのです。
身体のむくみは、放置すると細胞がどんどん劣化していきセルライトや脂肪へと変貌する恐れがあります。

むくみを改善できるため、時には月経前緊張症の治療薬として処方される場合もあります。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|飲み方

1回25~100mgを1日1~2回服用します

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは連日服用、または1日おきに服用できる薬です。
高血圧症に用いる場合は少量から服用を開始して、悪性高血圧に用いる場合は他の降圧剤と併用してください。

お酒と併用してはいけません

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを服用する際には、水またはぬるま湯で服用します。お酒と共に服用すると、お酒の血管拡張作用によって薬の作用が急速に回り始めてしまい過度に血圧を下げてしまう恐れがあります。
服用する際には、お酒と併用しないようにしましょう。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|副作用

【副作用】
めまい、ふらつき、発疹、食欲不振などがあります。

めまいやふらつきを感じた場合は、車の運転や危険を伴う機械の操作は控えてください。
重篤な副作用には再生不良性貧血や光線過敏症、壊死性血管炎、アナフィラキシーがあげられます。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック|禁忌

【併用禁忌薬】
デスモプレシン酢酸塩水和物【併用注意薬】
バルビツール酸誘導体、あへんアルカロイド系麻薬、ツボクラリン、降圧作用を有する薬剤、ジギタリス剤、乳酸ナトリウム、炭酸リチウム、グリチルリチン製剤、糖尿病用剤、コレスチラミン、非ステロイド消炎鎮痛剤など【服用できない人】
無尿患者、急性腎不全患者、低ナトリウム血症者、チアジド系薬剤に過敏症の既往歴がある人、配合成分にアレルギー反応の経験がある人、妊婦・産婦・授乳婦など

日常的に薬を服用している人や、投薬治療中の人はヒドロクロロチアジド・ジェネリックを使用する前に医師に相談してください。