ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

ヒドロクロロチアジドジェネリック

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、サイアザイド系利尿薬に分類される利尿薬です。
体内の余分な水分を尿として体外へと排泄して、高まった血圧やむくみを改善する働きがあります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬といった、他の降圧剤との配合製剤成分として用いられる場合もある薬です。

商品名 ヒドロクロロチアジド・ジェネリック
メーカー シプラ
主成分 ヒドロクロロチアジド

商品を購入する

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの有効成分と効果

有効成分:ヒドロクロロチアジド
効果・効能:体内にたまった余分な水分を排泄して、血圧やむくみを改善します

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、利尿作用を利用して高血圧やむくみを改善する薬です。

身体がむくむ原因のひとつとして、体内の過剰な水分があげられます。血液の中にも水分が含まれていて、体内の水分量が増えると血圧が悪化し上昇します。
腎臓にある尿細管では、尿から血管へとナトリウムイオンの吸収が行われていて、ナトリウムイオンは水と一緒に移動します。
そこでナトリウムの再吸収を抑制すると、水分の再吸収も抑えられます。その結果、尿としてナトリウムイオンや水分が排泄されるのです。
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは、ナトリウムイオンと水分の再吸収を抑制する作用があります。
尿として水分を排泄して体内の水分量を減らす作用をもたらし、むくみや血圧上昇を改善します。
血圧やむくみを改善するには水分とナトリウムイオンを排泄する必要があり、ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは排泄のサポートをするのです。
身体のむくみは、放置すると細胞がどんどん劣化していきセルライトや脂肪へと変貌する恐れがあります。

むくみを改善できるため、時には月経前緊張症の治療薬として処方される場合もあります。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの服用方法

1回25~100mgを1日1~2回服用します

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは連日服用、または1日おきに服用できる薬です。
高血圧症に用いる場合は少量から服用を開始して、悪性高血圧に用いる場合は他の降圧剤と併用してください。

お酒と併用してはいけません

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを服用する際には、水またはぬるま湯で服用します。お酒と共に服用すると、お酒の血管拡張作用によって薬の作用が急速に回り始めてしまい過度に血圧を下げてしまう恐れがあります。
服用する際には、お酒と併用しないようにしましょう。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの副作用・禁忌事項

【副作用】
めまい、ふらつき、発疹、食欲不振などがあります。
めまいやふらつきを感じた場合は、車の運転や危険を伴う機械の操作は控えてください。
重篤な副作用には再生不良性貧血や光線過敏症、壊死性血管炎、アナフィラキシーがあげられます。

【併用禁忌薬】
デスモプレシン酢酸塩水和物

【併用注意薬】
バルビツール酸誘導体、あへんアルカロイド系麻薬、ツボクラリン、降圧作用を有する薬剤、ジギタリス剤、乳酸ナトリウム、炭酸リチウム、グリチルリチン製剤、糖尿病用剤、コレスチラミン、非ステロイド消炎鎮痛剤など

【服用できない人】
無尿患者、急性腎不全患者、低ナトリウム血症者、チアジド系薬剤に過敏症の既往歴がある人、配合成分にアレルギー反応の経験がある人、妊婦・産婦・授乳婦など

日常的に薬を服用している人や、投薬治療中の人はヒドロクロロチアジド・ジェネリックを使用する前に医師に相談してください。

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック通販

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック 価格 1錠当たりの価格
12.5mg × 100錠 ¥1,790 17円