リピトール|通販

リピトール

リピトールは、高コレステロール血症や家族性高いコレステロール血症の治療薬。
高コレステロール値を下げる作用があります。
狭心症、心筋梗塞の予防目的としても使われています。

肥満大国アメリカの製薬会社・ファイザー社が製造販売を行なっています。
中性脂肪を低下させる効果があり、脂肪がつきにくい体質へ改善します。
食事制限や運動をしてもコレステロール値が低下しない人にピッタリの薬です。

リピトールは海外製医薬品のため、日本では販売されていません。
ネット通販で購入することが可能です。

商品名 リピトール
メーカー ファイザー
主成分 アトルバスタチンカルシウム
価格 10mg
30錠 2,690円
60錠 4,850円
20mg
30錠 3,140円
60錠 5,660円
40mg
30錠 3,590円
60錠 6,470円

商品を購入する

リピトール|通販

リピトールは、アメリカの製薬会社・ファイザー社が製造販売を行なっている医薬品。
日本では販売されておらず、病院でも処方されません。
もちろん薬局やドラッグストアでも販売されておらず、手に入れるには個人輸入が必要です。

海外製の医薬品を個人輸入することは、法律で認められています。

自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。
引用元:厚生労働省ホームページ・医薬品の個人輸入に関するQ&A(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html)
上記の通り、購入した本人が使用する目的であれば、医薬品を個人輸入できるのです。

個人輸入をする方法としては、
・海外のネット通販を利用して輸入する
・外国の旅行先で購入して持ち帰る
などの方法があります。
しかし、海外のネット通販は外国語で作られています。
サイトの言語を知らないと購入までに時間がかかるでしょう。
現地へ行って薬を購入するのは、言語が話せないといけません。
また、今はコロナ禍で海外に旅行へ行くことは難しくリスクを伴います。

海外製医薬品を個人輸入するのは難しいそう…と思ったあなた。
面倒な手続きを全て行なってくれる個人輸入代行サイトがあるんです。

個人輸入代行サイトの利用方法は簡単。
サイトは日本語で作られており、欲しいと思った商品を注文するだけで海外製医薬品を購入できます。
通販サイトを使ったことがある人は、すぐに購入できるでしょう。

個人輸入代行サイトの選び方

個人輸入代行サイトは、数多く存在します。
中には偽物を販売しているサイトもあります。
詐欺に遭わないためにも、安全な輸入代行サイトの選び方をチェックしましょう。

①会社概要や特定商取引が記載されているページを確認
ネット通販サイトには、特定商取引に関するページが必ず存在します。

通信販売をする上で、運営者情報や会社所在地を記載する法律があります。
対面で購入できない分、会社の情報や連絡先を表示することでユーザーが安心して購入できます。

②サイトのセキュリティーを確認
通販サイトで商品を購入するときは、個人情報を入力しますよね。
悪質なサイトなら、個人情報が漏洩するかもしれません。

チェックして欲しいのは、サイトのURLです。
ユーザー登録の際や、注文をする際にサイトのURL内にhttps://の表示があるか確認しましょう。
https://は、セキュリティー機能を導入している証拠。
導入しているサイトは、個人情報漏洩の心配はありません。

③成分鑑定書がある
薬の成分が本物であると証明している成分鑑定書。
サイト内では商品ページに添付されています。

第三者機関が鑑定を行い、正規品と成分が一致するという証明になります。
本物の薬を扱っている証拠です。

安心して通販するために、上記の2つのポイントをチェックしてサイトを選びましょう。

リピトール|価格

リピトールは、成分量によって10mg・20mg・40mgから選べます。
成分量によって価格が異なりますが、1錠あたり100円前後で購入できます。

リピトール10mg 価格 1錠当たりの価格
10mg × 30錠 ¥2,690 89円
10mg × 60錠 ¥4,850 80円
リピトール20mg 価格 1錠当たりの価格
20mg × 30錠 ¥3,140 104円
20mg × 60錠 ¥5,660 94円
リピトール40mg 価格 1錠当たりの価格
40mg × 30錠 ¥3,590 119円
40mg × 60錠 ¥6,470 107円

リピトール40mg価格1錠当たりの価格40mg × 30錠¥3,590119円40mg × 60錠¥6,470107円

リピトール|口コミ

リピトールを個人輸入して使用している人の口コミを見てみましょう。

ハナマルさん/35歳/評価:★★★★
病院で処方してもらえるリピトールって10mgだけなんですよね。
通販で購入できると知って調べてみたら、20mgや40mgもあったのですぐに買いました。
コスパ良し、1錠だけ飲めばいいのでラクですね。
病院に薬だけ貰いに言っていたような感じなので、面倒だったんですよ。
病院に行く手間も省けて、時間の節約にもなるので助かっています。

病院に行かなくても薬が家に届くのはいいところですよね。
時間の短縮にもなり、まとめ買いすると薬が切れる心配もありません。

コノココ/43歳/評価:★★★
健康診断でコレステロール値が高いと注意されました。
このままだと、動脈硬化が進み心筋梗塞や動脈硬化になるよ!と言われてしまったので、生活習慣の改善を開始!なかなか下がらないコレステロール値に嫌気が指し、リピトールを飲み始めました。
するとみるみる正常値へ。
お医者さんにも褒められて、大満足です。
予防のためにこれからも飲みます。

コレステロール値が高いと、大きな病気にかかりやすくなります。
健康のためにも、早めの治療が大切なんですね。

リピトール|効果

 

有効成分:アトルバスタチンカルシウム
効果・効能:血圧効果、コレステロール低下

リピトールは、高くなりすぎたコレステロール値を低下させる治療薬です。
コレステロールの生成を抑制し、コレステロール値を下げます。

コレステロールは体内に摂取された糖質や脂質、たんぱく質などが分解されてできるアセチルCoaという物質によって生成されています。
コレステロールへと変化する際には、HMG-CoAレダクターゼという酵素が活発になります。
リピトールはこの酵素の働きを抑制し、コレステロールの生成を抑え込むのです。
コレステロールが高いまま生活をしていると、将来的に狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化といった病気を誘発します。
リピトールはコレステロールを抑制することから、上記の病気を誘発するリスクを低下させるといわれています。

リピトールは、高コレステロール血症の他にも遺伝性である家族性高コレステロール血症の治療薬としても服用可能。
家族性高コレステロール血症とは、生まれつき遺伝子に異常があり血液中のLDL(悪玉コレステロール)が細胞に取り込まれず血液中に溜まっていく病気です。
若いうちからLDLがたまっていると、通常の高コレステロール血症よりも動脈硬化や脳梗塞を誘発するリスクが高くなるのです。

リピトール|飲み方

 

1日1回10mgを水、またはぬるま湯で服用します

服用量は年齢や症状によって増減します。
高コレステロール血症の方は1日20mgまで増量可能で、家族性高コレステロール血症の方は1日40mgまで服用できます。
それ以上の服用は避けてください。

グレープフルーツと一緒に服用しないでください

リピトールは、グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分の影響を受けます。
フラノクマリン酸は、薬に含有される成分の吸収率を必要以上に高めてしまう作用があります。
吸収率が高まると副作用を増強する恐れがあるのです。
リピトールを服用する際には、水またはぬるま湯で飲みましょう。

リピトール|副作用

【副作用】
発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、めまい、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあります。
重篤な副作用としてミオパチーや横紋筋融解症、黄疸、アナフィラキシー、肝炎、血小板減少症があります。

リピトール|禁忌

【併用禁忌薬】
グレカプレビル・ピブレンタスビル(マヴィレット)【併用注意薬】
フィブラート系薬剤、ニコチン酸製剤、免疫抑制剤、アゾール系抗真菌薬、HIVプロテアーゼ阻害剤、グラゾプレビル、レテルモビル、リファンピシンなど。【服用してはいけない人】
含有成分に過敏症の既往歴がある、急性肝炎や慢性肝炎・肝硬変・肝癌・黄疸患者、妊婦・産婦・授乳婦

日常的に薬を服用している人は、リピトールを使用する前にかかりつけ医に相談しましょう。