リピトール・ジェネリック|通販

リピトールジェネリック

リピトール・ジェネリックは、高コレステロール血症や家族性コレステロール血症の治療薬。
コレステロールの生成を阻害して、数値を低下させる働きがあります。

食生活の改善や適度な運動を行なってもコレステロール値が低下しない人にオススメの治療薬です。
コレステロール値を下げることで、将来的に誘発する可能性がある動脈硬化や心筋梗塞を予防します。

商品名 リピトール・ジェネリック
メーカー シプラ
主成分 アトルバスタチンカルシウム
価格 5mg
30錠 1,790円
60錠 3,230円10mg
30錠 2,690円
60錠 4,850円20mg
30錠 3,590円
60錠 6,470円

商品を購入する

リピトール・ジェネリック|通販

リピトール・ジェネリックは、日本でも処方されているリピトール錠のジェネリック医薬品です。
インドのムンバイに本社を置く製薬会社・シプラ社が製造販売しています。
海外製の医薬品のため、日本では承認されておらず手に入れるには個人輸入が必要です。

海外製医薬品の個人輸入は法律で認められています。
個人輸入する方法として、
・海外通販で購入する
・現地に行って、薬を購入し日本に持ち帰る
上記の2つの方法があります。
しかし、外国語が使えないと難しいことばかり。
海外通販サイトでは、販売しているサイト自体を探さないといけません。
現地に出向くには、お金がかかります。

手間とお金がかかるなら買わない!と思うかもしれません。
面倒な手間と時間がかかる個人輸入の手続きを代行してくれるサイトがあります。
サイト内は日本語で作られており、通販サイトを利用したことがある人なら簡単に注文できます。

電話やメールで問い合わせもできるため、はじめて利用する人でも簡単に個人輸入が行なえます。

安全な通販サイトの選び方

個人輸入を代行してくれるサイトは便利ですが、中には悪質なサイトも存在します。
商品が届かなかったり、偽物の商品が送られたりなどの被害が報告されています。
悪徳サイトで購入しないように、安全な通販サイトの選び方を紹介します。

成分鑑定書がある

成分鑑定書とは第三者機関が成分鑑定をし、薬の成分が本物であることの証明になるいわば証明書。

薬が本物だと証明してくれるので、安心して購入できます。
サイト内の商品ページに張られていることが多いので、購入する前に確認しましょう。

クレジットカード決済ができる

クレジットカードで決済ができる=カード会社からの信頼があります。
カード会社の加盟店になるには、厳しい審査が必要。
信頼度がないと、加盟店に加入できません。
購入前に決済情報を確認しましょう。

特定商取引にもとづくページの記載がある

特定商取引法という消費者の利益を守るルールを定めた法律があります。
通販サイトには、特定商取引にもとづいた表記を必ずしなくてはなりません。
運営者の名前や所在地、連絡先などが記載されています。
特定商取引にもとづくページがないサイトは、法律を守っていないということ。
商品を購入する前に、サイト内をチェックしてみましょう。

口コミの評価が高い

ほとんどの通販サイトは、口コミが記入できます。
実際に商品を使用した人が書いているので、信頼できるツール。
薬の効果や副作用などの書き込みから、サイトへの評価が書かれていることもあります。
評価が高いとユーザーからの信頼度も高く安全なサイトと言えるでしょう。

悪質なサイトに引っかからないように、サイト選びは注意が必要です。

リピトール・ジェネリック|価格

リピトール・ジェネリックは成分量によって、価格が異なります。
通販サイトでは5mg1錠あたり53円から、20mgは1錠で107円から購入できます。

リピトール・ジェネリック 5mg 価格 1錠当たりの価格
5mg × 30錠 ¥1,790 59円
5mg × 60錠 ¥3,230 53円
リピトール・ジェネリック 10mg 価格 1錠当たりの価格
10mg × 30錠 ¥2,690 89円
10mg × 60錠 ¥4,850 80円
リピトール・ジェネリック 20mg 価格 1錠当たりの価格
20mg × 30錠 ¥3,590 119円
20mg × 60錠 ¥6,470 107円

リピトール・ジェネリック|口コミ

リピトール・ジェネリックの口コミを見てみましょう。

ロビンフット/43歳/評価:★★★
コレステロール値が高く、食事制限を行なっていました。
このままでは動脈硬化が進み、狭心症、心筋梗塞、脳卒中で命を落とすかもしれない…と思い、投薬治療することに。病院に通っていましたが、仕事が忙しく通院ができない日々が続きました。
このままでは、大病にかかってしまう!と思い通販で購入することに。
最近仕事が落ち着いたので、検診に行くとコレステロール値が下がっていました。
通販で薬が購入できたので、治療を続けることができました。
これからもリピトール・ジェネリックにお世話になります。

忙しい時に薬を通販で購入できるのは助かりますね。
大きな病気を予防するためにも、治療を続けることが大切です。

モンタナ/55歳/評価:★★★★★
人間ドッグでコレステロール値を指摘されるようになりました。
年齢のせいもあり、体にガタがきているのでしょう。
コレステロール値を下げるために運動や食事の管理を本格的に始めました。リピトール・ジェネリックを飲むようになってからは、コレステロール値が少しずつ下がってきています。
かわいい孫も生まれたので、健康なおじいちゃん目指して服用し続けます。

コレステロール値を下げることで、健康な体に近づけます。
大きな病気にかかる前に、対策をしっかりとりましょう。

リピトール・ジェネリック|効果

 

有効成分:アトルバスタチンカルシウム
効果・効能:コレステロールの生成を阻害して、コレステロール値を改善します

リピトール・ジェネリックは、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症を治療する薬です。
体内で高くなりすぎたコレステロール値の生成を抑制して、これ以上増やさないようにする作用があります。
コレステロール値を低下させるために、食事療法や運動療法にトライしても改善しない人に最適の薬です。

コレステロールは糖質や脂質、たんぱく質を多く含む食事を摂取した際に増加しやすくなります。
糖質や脂質、たんぱく質を分解した後、アセチルCoAという物質が作られます。アセチルCoAがコレステロールに変化する際には、HMG-CoA還元酵素という物質が必要です。
リピトール・ジェネリックは、この酵素の働きを阻害します。酵素の働きを阻害すると、コレステロールが生成されなくなり、結果コレステロール値が低下していくのです。

コレステロール値が高まっている間は、ほとんど自覚症状がなく急に心筋梗塞や動脈硬化、狭心症といった病気になって現れ始めます。
放置しているとこのような病気を誘発するため、健康診断や特定健診などでコレステロール値が高いと判断された場合は将来的に治療をすることも視野にいれておきましょう。

リピトール・ジェネリック|飲み方

 

使用目的によって服用方法が異なります。

・高コレステロール血症の場合
1日1回、10mgを服用します。
1日の最大摂取量は20mgまでとなっています。

・家族性高コレステロール血症の場合
1日1回、10mgを服用します。
1日の最大摂取量は40mgまでです。

それぞれ年齢や症状によって服用量が増減しますが、1日の最大摂取量は超えてはいけません。
リピトール・ジェネリックを服用している期間でも、健康的な食事療法と運動を欠かさないでください。

リピトール・ジェネリック|副作用

【副作用】
めまい、頭痛、肝機能障害、消化器肝障害、皮膚乾燥、発疹、発赤などがあります。

重篤な副作用の中にはアナフィラキシーショックがあり、意識障害や呼吸器に異変を感じた場合はすぐに使用を中止してください。
他にも、ミオパチーや黄疸、肝炎、皮膚粘膜眼症候群といった重い副作用があります。
重篤な副作用に関しては、発症頻度が不明となっています。

リピトール・ジェネリック|禁忌

【併用禁忌薬】
ウレカプレビル・ピブレンタスビル【併用注意薬】
ジゴキシン、レテルモビル、エファビレンツ、リファンピシン、ベキサロテン、フィブラート系製剤、免疫抑制剤、アゾール系抗真菌薬、エリスロマイシンなど。【服用できない人】
妊婦・産婦・授乳婦、配合成分にアレルギー反応の経験がある人、糖尿病患者、腎機能障害者・肝機能障害者、甲状腺機能低下症、遺伝性の筋疾患を抱える人など。

日常的に薬を服用している、または持病を投薬治療している人は使用前に医師による診察を受けましょう。