ザイロリック通販

ザイロリック

ザイロリックは、痛風発作を予防する尿酸降下薬です。
痛風発作への有効性は88%と高い実績を残しており、急に発症する痛みを予防します。

商品名 ザイロリック
メーカー GSKファーマ
主成分 アロプリノール
価格 3,140円~

商品を購入する

ザイロリック通販

ザイロリックは国内処方が一般的ですが、実は海外通販でも購入できます。

海外通販は、個人輸入代行業者ともいわれており、海外製のザイロリックが欲しい人のために仲介業者として代わりにメーカーに発注手続きを行っています。
楽天やアマゾンとはまた違ったECサイトで、主に海外産の医薬品かサプリメントしか取り扱っていません。

通常、ザイロリックのよな医薬品を輸入するとなると外国から日本へと帰国する際に持ち込むか、自分自身でネットを通してメーカーとやり取りをする必要があります。

しかし、そんな手間も時間もないというのが日本人。
さらに外国語が堪能ではない人もいるはずです。
「でも病院へ行く時間もない!けど薬は欲しい!」という人にピッタリなのが、海外通販なんです。

注文方法はアマゾンや楽天と同じ。
日本人向けの海外通販サイトに会員登録をして、ザイロリックを注文するだけです。

医薬品の輸入は合法なの?

ザイロリックは処方薬レベルの薬なので、基本的に病院以外では購入できません。
そのため「薬を輸入なんて!危険なのでは?」と感じている人もいるはず。

実は医薬品を通販で購入するのは合法な手段なんです。

国内の厚生労働省からも認められている手法で、個人が使用する場合のみに限り輸入してもいいというルールになっています。

もちろんなんでも輸入してOKというわけではなく、輸入規制のかかっていないザイロリックやその他痛風薬という意味になります。

痛風の治療は長期間にわたる!だからこそ通販がおすすめ

痛風を発症している人は約1ヵ月半で通院を中断するという事実を知っていますか?
もちろん医者から「もう来るな!」といわれているわけではなく、患者自ら通院を諦めてしまうんです。
それは、痛風の治療は思ったよりも長期間に渡るからです。

また痛風の症状は常に痛みを発しているわけではありません。
発作的に痛みを生じるため、痛風発作と呼ばれています。
そのためか患者も「一時の痛みを我慢すればいいや」という考えになってしまうのです。

しかし痛風は尿酸値を下げないと一生付き合っていく病気になり得ます。
発作の回数も減らず、激痛に耐え抜く日々が続いてしまうのです。

そうならないためにも、通院が億劫に感じている人は海外通販で痛風を治療しつづけるたほうがいいといえます。

ザイロリックの価格

ザイロリックは26円から購入できます。1錠当たりの価格で見ると、300mg×100錠セットがお高めです。

価格 1錠当たりの価格
100mg × 100錠 3,140円 31.4円
100mg × 300錠 8,490円 28円
100mg × 500錠 13,370円 26.7円
価格 1錠当たりの価格
300mg × 100錠 8,540円 85.4円

痛風を病院で治療し続けると、どんどん費用がかさんでいきます。人によって変動はありますが、だいたい毎月5,000円ほどかかるといわれています。
また、痛風は薬が効いているかどうかをチェックするために治療し始めは2週間に1回のペースで検査があります。
検査代もまた別途でかかってしまいます。
しかし、海外通販で購入するとかかるのは薬代だけです。

ザイロリックの口コミ

ここではザイロリックの口コミをチェックしていきましょう。

さようなら痛風さん/39歳/評価:★★★★★

ザイロリックの効果は本当に化け物級です。
あんなに激痛を感じていたのに、今となってはあまり痛風発作を発症しなくなりました。
服用方法通り、毎日水をたくさん飲んでいます。痛風になってからというもの、運動も心がけるようになり気持ちはもう健康体です。
でもやっぱり完治はまだまだなので、ザイロリックで治療頑張ります!

ユウヒさん/45歳/評価:★★★★

300錠を購入しているものです。なかなか改善する気配がなかった痛風の発作が、ザイロリックを飲むようになってから一気に発作頻度が減りました。
この間健康診断を行いましたが、尿酸値も正常値へと向かっています。
もう45歳のおっさんだけどさ、まだまだ捨てたもんじゃないね。ザイロリックで健康を意識させられましたよ。

ザイロリックの効果には満足している人もいるようですね。
海外通販のザイロリックも国内のザイロリックも、成分は同じなので同等の効果が望めます。

ザイロリックの効果

有効成分:アロプリノール
効果・効能:痛風や高尿酸血症の原因となる尿酸値の生成を抑制します

ザイロリックは、尿酸の生成を抑制して痛風発作や高尿酸血症を治療する薬です。

尿酸はプリン体の代謝によって生成されます。血液の中で尿酸が増えすぎると、尿酸塩結晶に変化して関節にとどまります。
人間の体内はその結晶を異物と判断して、排除しようと白血球の働きが活発になります。
白血球が尿酸の塊である結晶を排除しようとする働きが、痛風発作なのです。
かなりの激痛を伴い、急に痛みを発症する場合もあります。

ザイロリックは、プリン体の代謝にによる尿酸の生成を抑制して、尿酸が結晶するのを予防します。

ザイロリックの飲み方

1回200~300mgを1日2~3回服用します

100mg錠なら1回1~2錠、300mg錠の場合はピルカッターやハサミなどで錠剤を分割して服用しましょう。
ザイロリックは年齢や症状によって増減します。

服用し始めのころは、体内で尿酸が移動し一時的に痛風発作が増強する場合があります。
痛風発作が増悪してしまった場合は、ザイロリックとインドメタシンなどを併用しても構いません。

ザイロリックを服用している期間は、1日あたり2リットル以上の尿量が望ましいといわれているため、こまめに水分を取りましょう。

ザイロリックの副作用

副作用は以下の通りです。

【副作用】
皮膚症状、貧血、腎機能障害、食欲不振、軟便、下痢、むくみ、倦怠感など。

重篤な副作用として薬剤性過敏症症候群やアナフィラキシーショック、間質性肺炎、無菌性髄膜炎があります。

ザイロリックの禁忌

ザイロリックの併用禁忌薬や服用できない人の項目をチェックしていきましょう。

【併用禁忌薬】
アザチオプリン、メルカプトピリン、ビダラビン、ワルファリンカリウム、クロルプロパミド、アンピシリン、ペントスタチン、ヒドロクロロチアジド
【服用できない人】
アロプリノールに過敏症の既往歴がある、妊婦・産婦・授乳婦、腎機能障害がある、高齢者